MENU

英語講師専門の求人サイト

日本人講師に求められる英語力の目安は?

英語力の目安は?

「英語力の証明となる資格検定やテストスコア」
「講師としての実践力」
の両方が、「英語力」として評価対象になります。

どのようなレベルの英語力があれば、英会話学校の講師になれるのでしょうか。
主な条件をまとめてみました。

資格

英会話学校で日本人が講師として採用されるには、当然優れた英語力を備えていなければなりません。学校によって基準は異なりますが、採用基準の目安として多くのスクールがあげているのがこちらです。

  • 英検準1級以上
  • TOEIC850点以上

というものです。
資格の数値はあくまで目安程度のもの。特に子供向けのクラスがある英会話学校の場合、TOIEC750点以上というところもあります。英検、TOEICスコアに「それに準ずる英語力」と併記されていることが多く、資格をもっていなくても面接において教師となるための相応の英語力、その他資質を持っていると判断されれば、採用に至る場合も珍しくありません。内定後に"育成プログラム"で日本人講師の英語力をさらに高める学校もあります。

大切なのは、「生徒から信頼を得ることができる先生かどうか」ということ。資格の有無については、資格対策レッスンを受け持つ先生以外は最優先事項ではないと言えるでしょう。学歴については教員免許、出身大学・短期大学の学部・学科も不問、または記述がある場合でも、「短大卒程度以上の学力と一般常識があること」という程度です。

実践力

英会話学校が検定やテストスコアよりも重視するのは、講師として実践力のある人材かという点です。
具体的には

  • 日常英会話レベルは必須
  • ビジネスレベルで交渉ができる程度
  • 日本語的アクセントがない
  • なぜ?をわかりやすく説明できる

などで、これらの英語実践力は、筆記試験や口頭試験で厳しくチェックされます。すべて完璧である必要はありませんが、発音に関しては、日本語的なアクセントが強い講師は生徒の信頼を得にくい、という理由で敬遠されることが多いようです。発音の理論を理解し、自らが実践するとともに、生徒にもわかりやすく説明できるスキルを求められます。
自分が英語を話せるということは、先生になるには当たり前のこと。それ以上に日本人講師に期待される英語力が「英語を論理的に教える力」なのです。

  • 初心者から中級者を対象に文法を教えることができる
  • 英語と日本語の違いを意識したわかりやすい説明ができる
  • 口や舌の動かし方などを交えた発音の説明・実践練習ができる
  • 効果的な勉強法のアドバイスができる

ネイティブスピーカーの発音をたくさん聞くこともとても大切なのですが、そこに論理的、実践的な理解が伴っていることが英語の上達を早めます。その論理的な理解を生徒に与えるのが、日本人講師の役目として期待されているといえるでしょう。

さらに評価にプラスされるものとして英語圏への留学経験を挙げることができます。留学を希望している生徒も多く、現地の生活経験者からのアドバイスは大変貴重だからです。

アイコン

TOP

プライバシーマーク 21001344_01_75_JP

当社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より個人情報について適切な取り扱いが行われている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得しています。